(管理)栄養士を目指す高校生や大学生、20代(管理)栄養士のための【お役立ち情報ブログ】です♪

管理栄養士のいろは

【栄養士・管理栄養士の転職】未経験の業種・職種でも挑戦できる理由

あじ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
あじ
こんにちは、サルーです。 当ブログは『20代(管理)栄養士の人生に、より良い未来や選択肢を!』というテーマで、少しでも読者の皆さんの明日が明るくなるよう、(管理)栄養士に役立つ情報をまとめています♪ 普段はスポーツ栄養士として活動していて、最近の楽しみは娘と遊ぶことです。どうぞよろしくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

管理栄養士のサルーです♪

 

この記事では、業種・職種 未経験での転職について解説していきます!

具体的な内容はこちら!

この記事を最後まで読むとわかること
  • (管理)栄養士が考えられる4つの転職パターン
  • それぞれの特徴や難易度、メリットなど
  • 転職する年齢が若いことの優位性

 

転職サイトなどでよく目にする『未経験歓迎』という文字。

本当に未経験でも応募したり転職することは可能なのでしょうか?

 

栄養士・管理栄養士の中にも、全く関係ない業種・職種に転職を考えている人もいると思います!

ぜひ、この記事の内容を参考に、異業種・他職種への転職にもチャレンジしてみてください。

 

それでは早速みていきましょう!

『未経験』には3種類がある

 

一言に〝未経験〟と言っても、いくつか種類があります!

まずは、この言葉の意味を解説します。

 

未経験という言葉の意味は、主に3種類です。

〝未経験〟の3つの意味
  • 業界・職種 未経験
  • 業界 未経験
  • 職種 未経験

 

業界とは、いわゆる◯◯業界のことで、医療・福祉業界、製造業界、広告業界など、大きなカテゴリーを指します。

職種とは、仕事内容のことで、営業、企画、販売、経理など、その社内における役割を指します。

 

例えば、あなたは現在病院の管理栄養士として働いているとします。

その仕事が嫌になり、全く別の仕事を探すことにしました。

 

そこで、『百貨店での販売員』としての求人を見ていて、そこに『未経験歓迎』と書いてあったとしましょう!

その場合、次のような意味があるということです。

 

ちなみに、百貨店は『小売業』という業界、販売員は『販売』『接客』という職種になります。

未経験歓迎の種類 意味
業界・職種未経験 小売業での仕事や、販売・接客の仕事が初めての人でもOK!
業界未経験 以前は別の業界で販売・接客の仕事をしていた人ならOK!
職種未経験 以前小売業にいたけれど、販売・接客したことなくてもOK!

 

このように、業界・職種ともに未経験の場合、『全く違う仕事をしていた人でも良いよ!』ということです。

つまり、病院(医療業界)の管理栄養士(専門職)をしている場合、この表の一番上の〝業界・職種未経験〟に当てはまるわけです♪

 

業界未経験は、営業、企画、販売、経理など、その仕事内容は変わらないが、その業界で働くのは初めてというケースです。

前職ではスーパーの事務員さんをしていた人が、歯医者に転職してからも事務員さんとして働くということです。

『事務員』という仕事内容は同じで、この人にとって歯医者(医療業界)が未経験だったということです。

 

職種未経験は、同じ業界にはいたので、その業界のことが詳しいことを強みとして、別の仕事をするというケースです。

車の製造ラインに携わっていたけれど、その車の良さを知っているので、お客様に販売する営業マンに転職するということです。

『車(製造業)』という業界は同じで、この人にとって車の販売(営業)が未経験だったということです。

 

これら3つの未経験のうち、最も採用が多いのは『業界未経験歓迎』という求人です。

仕事内容が前の職場と同じであれば、基本的なスキルや経験が既にあり、別の業界に転職しても即戦力になるためです!

 

例えば、病院の管理栄養士として働いていれば、違う病院でも特養でも、基本的には少し慣れれば即戦力になりますよね!

また、営業の場合も、車を売るか、ウォーターサーバーを売るか、家を売るかなど『売るもの』が変わるだけで、『売ること』は一緒です。

 

このように、『仕事内容』に慣れている『業界未経験歓迎』という募集が一般的には多くなります。

必ず求人に書かれている内容を読んで、どのタイプに当てはまるのか確認しましょう!

ほとんどの場合は、ちゃんと3つのうちどれなのかしっかりと明記されています♪

 

未経験が多い業種・職種

業種や業界、職種によっては、ほとんどの求人が〝未経験歓迎〟という場合があります、

どのような業界、職種であれば未経験でも転職しやすいのか?

 

簡単にまとめてみたのでご覧ください!

 

求人の〝業種別〟未経験者歓迎の求人割合

順位 業種・業界 未経験可の割合
1位 運輸・交通・物流・倉庫 95.4%
2位 商社 94.6%
3位 流通・小売・フード 93.4%
4位 サービス・レジャー 91.7%
5位 公的機関・その他 89.8%
6位 環境・エネルギー 89.5%
7位 金融・保険 89.4%
8位 メーカー 89.0%
9位 マスコミ・広告・デザイン 88.5%
10位 コンサルティング 88.2%

 

求人の〝職種〟未経験者歓迎の割合

順位 職種 未経験可の割合
1位 美容・ブライダル・ホテル・交通 94.7%
2位 販売・フード・アミューズメント 93.6%
3位 技能工・設備・配送・農林水産 他 90.3%
4位 保育・教育・通訳 90.1%
5位 医療・福祉 84.9%
6位 管理・事務 83.3%
7位 公共サービス 83.1%
8位 企画・経営 81.4%
9位 医薬・食品・化学・素材 80.1%
10位 コンサルタント・金融・不動産専門職 79.8%

 

未経験の職種に転職するなら若いうちに動くべし

 

『未経験者募集!』

『未経験者歓迎!』

 

このように書かれている求人には、積極的に応募してみるとよいでしょう!

このキーワードが書かれていれば、たとえ募集要項の条件を少しくらい満たしていなくても大丈夫です。

 

企業側からすれば〝即戦力〟が欲しいのは当たり前。

しかし、前職での経験がその仕事内容に近かったり、年齢が若くて将来に可能性があれば採用される可能性は高くなります!

 

また、応募はしてみたけれど全然人が集まらなかったということもあるでしょう。

ですので、『未経験可』などと書いてあったら、そこはあなたの進むべき道です!

 

この『未経験可』という求人に関しては、年齢が若ければ若いほど有利になります。

将来性や、人件費が安いこと、会社の文化や風習に馴染みやすいなど、転職に関しては〝若さ〟だけでも非常に武器になります。

 

社会人としての経験を一通り積んだ25歳くらいまでの、いわゆる『第二新卒』の人材を求めることも珍しくありません!

『私でもできるかな・・・』と不安になる気持ちもわかりますが、大丈夫ですので勇気を持って一歩踏み出しましょう♪

 

ですので、あなたがもし20代前半〜半ばであれば、積極的に応募してみることをオススメします!

 

『未経験歓迎』の求人はここに注意

 

当たり前ですが、〝未経験者歓迎〟と書かれているからといって、応募した人が誰でも受かるわけではありません。

募集人数も決まっていますし、一人一人面接などをした上での競争になります!

 

そこで、会社や事業所側が未経験者を募集する理由も知っておく必要があります。

企業側の募集理由は次のように様々です。

なぜ〝未経験者〟を募集する?
  • 教育体制に自信がある
  • 新しい風を求めている
  • 社風にある人を採用したい
  • 売上好調で増員したい
  • 一から人材を教育したい
  • 単純に人手不足

 

このように、その募集理由は様々です。

企業側の本音は面接などをするまで全くわからないので、挑戦したい仕事があればまずは応募してみることです!

 

『この仕事は未経験だと難しくない・・・?』

このように思うかもしれませんが、どんな仕事でも数ヶ月経てば慣れますので安心してください!

 

そして、応募したい求人が見つかれば、給与や教育体制、自分に合いそうな社風かなどをチェックしましょう。

あなた自身と合う会社か?ということも働く上ではめちゃめちゃ重要になります!

 

また、あなたが前職で経験したことや身につけたスキルなども、どのように活かせるかをしっかりと考えておきましょう!

面接時にはそれらのアピール仕方が重要になりますので、まずは情報を整理しておくことをオススメします。

 

未経験者にオススメの転職先を選ぶポイント

 

未経験者にオススメの転職先を選ぶポイントがいくつかあります。

 

具体的には次のとおりです。

未経験者にオススメはこんな業界
  • 歴史が長く体制が整っている
  • 業績好調で規模が拡大してる
  • 比較的ホワイトで離職率が低い

 

それでは一つ一つ詳しく解説していきます!

 

①歴史が長く体制が整っている

安定志向のある人は、できるだけベンチャーなどの新しい会社より、歴史が長く体制が整っている業界・企業を選ぶと良いでしょう!

歴史が新しい産業や企業の場合、転職しても『あとは自分で勉強しながらやってね♪』と言われてしまうかもしれません。

 

歴史がある業界や企業は、人材育成のノウハウが確立されていたり、業務マニュアルがしっかり作成されていたりする場合が多いです。

また、慣れるまではたくさんミスをすると思いますし、そういった際の対処法・解決法も整備されているでしょう。

 

②業績好調で規模が拡大している

業績が低下傾向で規模が縮小している業界・企業に入ると、多くの場合大変な思いをします。

もしかすると給与が上がらないかもしれませんし、いつ倒産してしまうかもわかりません。

 

ですので、業績が年々伸びていて市場が広がっている業界や企業に転職すると良いでしょう!

特に安定志向のある人は、長い目でみた方が結果的に得しますので、必ず業界や企業の業績はみるようにしてくださいね♪

 

③比較的ホワイトで離職率が低い

業界によっては、低い月給で長時間労働だったり、体力的にキツイ仕事をせざるを得ない業界もあります。

ですので、あらかじめ興味のある業界全体のリサーチは必要です。

 

管理栄養士が働く業界は、どちらかというとブラックなところが多いと思います。

薄月給のところも多く、一度経験すると一般企業に転職しようとする人が多いのもわかります。

 

また、ホワイト企業かどうか判断する材料の一つとして、〝離職率〟があります。

ネットでも『業界別 離職率』と検索すると出てきますので、気になる業界の離職率が高い業界は、人の出入りも激しいということになります。

 

離職率という数値だけをみて、その業界や企業を評価することはできませんが、しっかりと確認しておきましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
あじ
こんにちは、サルーです。 当ブログは『20代(管理)栄養士の人生に、より良い未来や選択肢を!』というテーマで、少しでも読者の皆さんの明日が明るくなるよう、(管理)栄養士に役立つ情報をまとめています♪ 普段はスポーツ栄養士として活動していて、最近の楽しみは娘と遊ぶことです。どうぞよろしくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 管理栄養士のいろは , 2021 All Rights Reserved.