(管理)栄養士を目指す高校生や大学生、20代(管理)栄養士のための【お役立ち情報ブログ】です♪

管理栄養士のいろは

(管理)栄養士を辞めてまで絶対に転職してはいけない仕事・産業3選

あじ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
あじ
こんにちは、サルーです。 当ブログは『20代(管理)栄養士の人生に、より良い未来や選択肢を!』というテーマで、少しでも読者の皆さんの明日が明るくなるよう、(管理)栄養士に役立つ情報をまとめています♪ 普段はスポーツ栄養士として活動していて、最近の楽しみは娘と遊ぶことです。どうぞよろしくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

管理栄養士のサルーです♪

 

今回は、栄養士・管理栄養士とは違う仕事に就こうと考えている人必見の内容となっています!

新しい仕事をするにあたり、個人的に絶対にオススメできない仕事というものがあります。

 

『今の仕事はなんだかやりがいを感じない。』

『ずっとここいて本当に良いのだろうか…。』

 

このように感じ、栄養士・管理栄養士の道以外を考えているかもしれません。

そんなあなたに絶対に知っておいて欲しいことがあります!

 

それは『こういう仕事だけはしてはいけない!』ということです。

ということ、この記事では次のことについて解説していきます!

この記事を最後まで読むとわかること
  • (管理)栄養士を辞めてまで転職してはいけない仕事・産業
  • 各仕事のオススメできない理由と例

 

それでは早速見ていきましょう!

専門職を捨ててまで転職してはいけない仕事・産業とは?

この記事を読んでいるということは、あなたは栄養士または管理栄養士のはずです!

つまり〝栄養のプロ〟として、いわゆる〝専門職〟という立場で働いているということですね♪

 

栄養士の方なら多くの人が2年間、管理栄養士の方なら4年間という時間をかけて学び、それ相応のお金をかけて得た資格です。

ですので、未経験の業種・職種に転職する場合は、しっかりと転職先を見極めないといけません。

 

特に次に紹介する産業や仕事は個人的にはオススメしません。

具体的に紹介していきます!

転職をオススメしない産業・仕事
  • 今後成長するのは難しいと思われる産業・仕事
  • 将来AIや機械が代替する確率が高い仕事
  • 同じことをずっと繰り替えす仕事

 

それでは、一つ一つ〝なぜオススメしないのか〟について解説していきます!

 

①今後成長するのは難しいと思われる産業・仕事

絶対におすすめしない仕事の1つ目は、今後衰退していくと予測できる仕事や産業です。

昔は繁栄していたけれど、現在は時代と共に市場も右肩下がり…

 

こういった業界・業種や仕事は避ける方がベストでしょう!
では、そういったいわゆる〝斜陽産業〟と呼ばれる産業は、どのようなものがあるのでしょうか?

斜陽産業の一例
  • 印刷業界
  • 広告業界
  • 新聞業界
  • 出版業界
  • テレビ業界
  • 百貨店業界
  • ブライダル業界
  • アパレル業界
  • 銀行業界
  • 保険・金融業界

など

 

こういった業界は、人口が減ったり、あらゆるものがIT化されることで、少しずつ市場が縮小している業界です。

もちろん、今すぐになくなったりはしませんが、長い目で見たときには、必ずその市場は小さくなっていくでしょう。

 

市場が小さくなるということは、売上げ、投資などが減るので、働いていて〝やりがい〟を感じることが少なくなるかもしれません…

また、市場自体が成長しにくいので、あなたのスキルやキャリア的にも成長しづらいという側面も出てきます。

 

紹介した全ての業界・全ての企業がダメということではなく、中にはこういった業界にありながら成長を続けている企業があるのも事実です!

ですので、こういった〝斜陽産業〟に転職する場合は、必ずその会社の成長度や歴史などをしっかりとリサーチして転職しましょう。

 

②将来AIや機械が代替する確率が高い仕事

2020年に流行したコロナウィルスの影響により、さらにこの〝IT化〟というのは加速すると予想できます。

その中で、今後益々AIや機械が自動で仕事を行うようになったり、専門業者に仕事を外注して行うことも多くなっていくでしょう。

 

こういった仕事に就いてしまうと、いつその仕事がなくなるかわかりません…

具体的に、どのような仕事があてはまるのでしょうか?

AI・機械化される可能性が高い仕事
  • 事務職
  • 銀行員
  • レジの店員
  • 運転手
  • 工場スタッフ

など

 

では、逆になくなりにくい職業とはどのような仕事なのでしょうか?

AI・機械化される可能性の低い仕事
  • 営業職
  • 介護職
  • カウンセラー
  • コンサルタント

など

 

このような職業は、人柄、人の目、人の手が必要となりますので、機械化される可能性は低いでしょう!

 

では、何かにとって替わられる職業に就いてしまうとどのようなデメリットがあるのでしょうか?

考えられる点はこちらです。

デメリット
  • 仕事自体がなくなるリスクがある
  • なくなる仕事のスキルは次に活かせない
  • その結果、転職しにくくなる

 

こういった時代の中でキャリアを積み上げていく上では、代替できない人材になることが重要です!

何かに特化した専門性があったり、専門的な価値提供ができたり、コミュニケーションやマネジメント、リーダーシップなどの能力が必要となります。

 

もちろん、栄養士・管理栄養士業界は女性が多いので、キャリアの途中で家庭に入る人もいるでしょう。

ただ、何かをきっかけに仕事に復帰をしたり、そういった場面においては、これらの要素が重要になってきます!

 

人生はいつ何が起こるかわかりません…

ですので、家庭に入る前にキャリアを積んでおくことで、〝人生の保険〟として何かあった時に大きな力を発揮します!

 

③同じことをずっと繰り替えす仕事

もし転職先が成長産業だったとしても、同じことをずっと繰り返すような仕事だと考え直した方が良いかもしれません。

その理由は、新たに仕事のスキルが磨かれないからです。

 

何年間も同じようなモノやサービスを作ったり販売していると、最初は良いですが、成長も止まってしまいます。

ですので、工場のラインでの仕事や、いつも同じルーティンの繰り返しのような仕事は、個人的にはオススメしません。

 

そういった仕事や産業を否定しているわけではありません。

事実、そういった仕事や産業があることで、私たちの生活が成り立っています。

 

ただ、栄養士・管理栄養士という専門職を捨ててまで就く仕事かと聞かれると、オススメはしないということです!

せっかく新たに仕事を始めるという場合は、その仕事を通じて様々な知識が得られたり、自分が成長できそうな職業を選びましょ♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
あじ
こんにちは、サルーです。 当ブログは『20代(管理)栄養士の人生に、より良い未来や選択肢を!』というテーマで、少しでも読者の皆さんの明日が明るくなるよう、(管理)栄養士に役立つ情報をまとめています♪ 普段はスポーツ栄養士として活動していて、最近の楽しみは娘と遊ぶことです。どうぞよろしくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 管理栄養士のいろは , 2021 All Rights Reserved.