(管理)栄養士を目指す高校生や大学生、20代(管理)栄養士のための【お役立ち情報ブログ】です♪

管理栄養士のいろは

【日本一わかりやすい!】管理栄養士になるには? 栄養士に必要な実務経験など徹底解説!

あじ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
あじ
こんにちは、サルーです。 当ブログは『20代(管理)栄養士の人生に、より良い未来や選択肢を!』というテーマで、少しでも読者の皆さんの明日が明るくなるよう、(管理)栄養士に役立つ情報をまとめています♪ 普段はスポーツ栄養士として活動していて、最近の楽しみは娘と遊ぶことです。どうぞよろしくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

管理栄養士のサルーです♪

 

この記事は、栄養士・管理栄養士を目指す受験生必見です!

管理栄養士になるにはどうすればよいのか、めちゃめちゃ丁寧に解説していきます。

 

進路選びなどをしている時、色々わからないことが出てくると思います。

『どうすれば管理栄養士に?』

こんな疑問が解決できれば幸いです!

 

この記事を最後まで読むと、次のことがわかります♪

[box class=” yellow_box”]
  • 管理栄養士になるまでの道のり
  • 栄養士が管理栄養士になるパターン
  • 栄養士、管理栄養士を目指せる学校
[/box]

それでは早速みていきましょう!

管理栄養士になるには大きく2パターン

管理栄養士になる方法としてはいくつかパターンがあるのですが、最初からそれを解説すると大変なので、まずは上の画像をご覧ください!

最初の分かれ道は次のとおりです。

[box class=”blue_box”]
  1. 管理栄養士養成施設に入る
  2. 栄養士養成施設に入る
[/box]

上の画像のように、管理栄養士を養成する施設に入学すると、栄養士免許を取得後すぐに管理栄養士国家試験を受験できるということがわかります。

一方で栄養士を養成する施設に入ると、栄養士免許を取得した後に、実務経験を積んでから国家試験を受験することになります。

 

実務経験とは、学校を卒業後〝栄養士〟として社会に出て働くことを指します!

つまり、管理栄養士を目指す場合は、〝栄養士〟として働ける職につく必要があるということです。

 

まずは、この2つの大きな流れを覚えてください♪

まとめるとこうなります!

[box class=”yellow_box”]
  1. 管理栄養士養成施設 → 国家試験
  2. 栄養士養成施設 → 実務経験 →国家試験
[/box]

この2つの大きな流れが理解できればあとは簡単です!

 

ちなみに、2021年(令和3年)に入学可能なそれぞれの養成施設数はこちらです。

[box class=”blue_box”]
  1. 管理栄養士養成施設 → 151校
  2. 栄養士養成施設 → 135校
[/box]

あなたは、この中から自分にピッタリな1校を選ぶことになります!

 

では、管理栄養士になるためのパターンで、複雑さを生み出す『課程年数』『実務年数』について解説します♪

栄養士課程の年数で実務年数が変わる

『管理栄養士になるには?』

本来、この質問に応えるために使う画像が上のものになります!

 

少しややこしいですが、先ほどと大きくは変わらないので安心してください♪

この画像も、高校卒業後の大きな選択肢は次の2つです。

[box class=”blue_box”]
  1. 管理栄養士養成施設に入る
  2. 栄養士養成施設に入る
[/box]

今回の画像は、②栄養士養成施設がさらに細かく次の3種類に分かれています!

[box class=”yellow_box”]
  • 4年課程の栄養士養成施設
  • 3年課程の栄養士養成施設
  • 2年課程の栄養士養成施設
[/box]

簡単に説明すると、4年課程は4年かけて栄養士になります!

同様に、3年課程は3年かけて栄養士に、2年課程は2年かけて栄養士になります。

 

それぞれの課程がある学校の種類は次の通りです。

[box class=”yellow_box”]
  • 4年課程 → 主に4年制大学
  • 3年課程 → 主に短大、専門学校
  • 2年課程 → 主に短大、専門学校
[/box]

栄養士免許が取得できる4年制大学の数は18校で、その他はほぼ全て2年課程の短大か専門学校になります!

3年課程の短大、専門学校は数校しかありません。

 

では次にこちらの画像をご覧ください!

この画像のように、栄養士養成施設は『課程年数』『実務年数』合計で5年になると管理栄養士国家試験の受験資格がもらえます!

つまり、学校にいた年数と社会に出て〝栄養士〟として働いた年数が5年になれば良いわけです。

[box class=”yellow_box”]
  • 4年課程 → 1年の実務経験
  • 3年課程 → 2年の実務経験
  • 2年課程 → 3年の実務経験
[/box]

この『合計で5年』というのがポイントですので、是非覚えておいてください!

 

一方で、一番左側の管理栄養士養成課程は実務経験は必要ありません!

単位をしっかりと取得し栄養士免許を取得すれば、ダイレクトに管理栄養士国家試験の受験資格が得られます。

 

つまり、大学在学の4年間だけで管理栄養士への挑戦権が手に入るということです!

具体的には、大学4年生の3月(卒業式前)に皆で国家試験を受けに行きます。

 

こういった理由から、近年は管理栄養士養成施設の方が人気が高くなっています。

そのため、全国の大学で新たに管理栄養士を養成する学部・学科の新設ラッシュが起きているというわけです。

逆に栄養士養成施設は、学生を確保するのに苦しんでいる学校も多く、徐々にその数を減らしています。

 

ここでの重要な点はこちら。

[box class=”yellow_box”]
  • 管理栄養士養成施設 → 実務経験なく国家試験を受験
  • 栄養士養成施設 → 課程年数と実務年数の合計が5年で国家試験を受験
[/box]

最後にちょっと面白い例を挙げておきます♪

双子でもバラバラに管理栄養士に?

あなたは、4月2日生まれの双子ちゃんのお姉さんだとしましょう♪

お姉さんのあなたは管理栄養士を目指せる大学に、妹は2年制の栄養士を目指せる短大に入学します。

 

すると、管理栄養士になる年齢はバラバラに!

[box class=”yellow_box”]
  • あなた → 大学4年生の3月(22歳)に国家試験に合格 → 社会人1年目(23歳)で管理栄養士に!
  • 妹さん → 社会人3年目の3月(23歳)に国家試験に合格 → 社会人4年目(24歳)で管理栄養士に!
[/box]

もちろん、妹さんが2年課程の短大でなく、3年課程の専門学校に通っても、4年課程の大学に通っても、最短で24歳で管理栄養士に!

 

管理栄養士になるには、どのようなルートがあるのかなんとなく理解してもらえたら嬉しいです♪

それでは、具体的に管理栄養士養成施設と栄養士養成施設について見ていきます!

管理栄養士養成施設(151校)

2021年(令和3年)4月に入学可能な管理栄養士養成施設は全国に151施設あります。

その内訳は次の通りです!

[box class=”yellow_box”]
  • 大学 → 144施設
  • 専門学校 → 7施設
[/box]

これらの学校に入れば、4年生の3月に管理栄養士国家試験を受験することができます。

 

各都道府県別に施設数を見てみると、以下のようになっています。

地域・地方 都道府県 施設数 合計
北海道・東北地方
北海道 6
15
青森 2
岩手 1
宮城 4
山形 1
福島 1
関東地方(首都圏)
茨城 4
38
群馬 3
埼玉 5
千葉 4
東京 16
神奈川 6
北陸・東海地方
新潟 4
27
山梨 1
長野 2
石川 1
岐阜 2
静岡 2
愛知 13
三重 1
福井 1
近畿(関西)地方
滋賀 2
33
京都 6
大阪 12
兵庫 9
奈良 4
中国・四国地方
島根 1
23
岡山 7
広島 8
山口 2
徳島 3
高知 2
九州・沖縄地方
福岡 5
15
佐賀 1
長崎 3
熊本 2
大分 1
宮崎 1
鹿児島 1
沖縄 1

 

基本的に管理栄養士養成施設は4年制の大学です!

上記の表の中には4年制の専門学校が7校含まれていますので紹介します。

[box class=”yellow_box”]
  • 【茨城】晃陽看護栄養専門学校
  • 【東京】二葉栄養専門学校
  • 【東京】東京栄養食糧専門学校
  • 【東京】華学園栄養専門学校
  • 【新潟】北里大学保健衛生専門学院
  • 【新潟】北陸食育フードカレッジ
  • 【京都】京都栄養医療専門学校
[/box]

『具体的に各学校のHPを見てみたい!』

という方は、こちらからどうぞ♪

↑↑↑ボタンをクリック↑↑↑

栄養士養成施設(135校)

2021年(令和3年)4月に入学可能な栄養士養成施設は全国に135施設あります。

その内訳は次の通りです!

[box class=”yellow_box”]
  • 4年制大学 → 18施設
  • 短期大学 → 90施設
  • 専門学校 → 27施設
[/box]

これらの学校を卒業後、それぞれの課程年数に応じた実務経験を経て、その合計が5年になる年の3月に管理栄養士国家試験を受験することができます。

 

各都道府県別に施設数を見てみると、以下のようになっています。

地域・地方 都道府県 施設数 合計
北海道・東北地方
北海道 5
18
青森 2
岩手 2
宮城 3
秋田 2
福島 4
関東地方(首都圏)
茨城 3
44
栃木 4
群馬 3
埼玉 8
千葉 2
東京 20
神奈川 4
北陸・東海地方
新潟 2
21
山梨 1
長野 2
富山 1
石川 2
岐阜 2
静岡 2
愛知 6
三重 2
福井 1
近畿(関西)地方
滋賀 1
18
京都 3
大阪 7
兵庫 5
奈良 1
和歌山 1
中国・四国地方
鳥取 1
14
島根 1
岡山 3
広島 2
山口 2
徳島 2
香川 1
愛媛 2
九州・沖縄地方
福岡 8
20
佐賀 2
長崎 2
熊本 1
大分 2
鹿児島 4
沖縄 1

 

基本的に栄養士養成施設は2年制の短大か専門学校です!

上記の表の中に4年制の大学が18校含まれていますので紹介します。

[box class=”yellow_box”]
  • 【宮城】仙台大学
  • 【埼玉】女子栄養大学
  • 【埼玉】十文字学園女子大学
  • 【埼玉】人間総合科学大学
  • 【千葉】川村学園女子大学
  • 【東京】東京家政大学
  • 【東京】大妻女子大学
  • 【東京】昭和女子大学
  • 【東京】実践女子大学
  • 【東京】東京家政学院大学
  • 【神奈川】相模女子大学
  • 【京都】京都光華女子大学
  • 【大阪】大阪樟蔭女子大学
  • 【大阪】帝塚山学院大学
  • 【兵庫】神戸女子大学
  • 【兵庫】甲子園大学
  • 【岡山】くらしき作陽大学
  • 【沖縄】琉球大学(国立)
[/box]

『具体的に各学校のHPを見てみたい!』

という方は、こちらからどうぞ♪

↑↑↑ボタンをクリック↑↑↑

この記事を書いている人 - WRITER -
あじ
こんにちは、サルーです。 当ブログは『20代(管理)栄養士の人生に、より良い未来や選択肢を!』というテーマで、少しでも読者の皆さんの明日が明るくなるよう、(管理)栄養士に役立つ情報をまとめています♪ 普段はスポーツ栄養士として活動していて、最近の楽しみは娘と遊ぶことです。どうぞよろしくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 管理栄養士のいろは , 2020 All Rights Reserved.