(管理)栄養士を目指す高校生や大学生、20代(管理)栄養士のための【お役立ち情報ブログ】です♪

管理栄養士のいろは

【メリット4選】管理栄養士を目指すなら必ず大学のオープンキャンパスに行こう!

あじ
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
あじ
こんにちは、サルーです。 当ブログは『20代(管理)栄養士の人生に、より良い未来や選択肢を!』というテーマで、少しでも読者の皆さんの明日が明るくなるよう、(管理)栄養士に役立つ情報をまとめています♪ 普段はスポーツ栄養士として活動していて、最近の楽しみは娘と遊ぶことです。どうぞよろしくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!

管理栄養士のサルーです♪

 

今回は『管理栄養士を目指すなら必ずオープンキャンパスに参加するべき!』という話をしたいと思います。

 

オープンキャンパスに参加することにはどのようなメリットがあり、進路を決める際にそれをどう活かすことができるのか?

そんなことについて、わかりやすくまとめてみました!

 

将来管理栄養士を目指している場合は、この記事を是非読んでいただき参考にしていただければ嬉しいです♪

それでは早速みていきましょう!

オープンキャンパスとは?

オープンキャンパスとは、大学が受験生に対して主催する進学イベントのことです。

そのまま和訳すると『大学を解放する』となりますので、大学側からの視点では『うちの大学のことをもっと受験生に知ってもらおうよ!』という感じです♪

大学側が開催日を指定・公開し、主に受験生や保護者の方々に対して、大学の構内を楽しく見学できるよう様々なイベントや企画を準備しています!

 

オープンキャンパスの主な内容や目的としては、次の3つが一般的です。

  • キャンパス内の施設・設備などの紹介
  • 模擬授業や体験会など在校生との交流
  • 個別進学相談会や入試説明会

 

最近では、オープンキャンパスも少し変わってきていて、在学生によるツアー形式の見学会や学食体験などができるところまであります!

『資料請求や大学HPを見て集めた情報と全然ちがうんだけど・・・』と、入学してからミスマッチに気が付いては遅くなってしまいますよね・・・

こういったことを避けるためにも、あらかじめ学校の雰囲気や施設やカリキュラムなどを知ってもらうべく、各大学が積極的にオープンキャンパスを開催するようになっています。

 

もちろん、志望校を複数個まで決めるまでは、各大学の資料を請求したりHPを見たり、ネット上での口コミや評判などを調べるという方法もありだと思います。

オープンキャンパスの最大の魅力は、そういった情報だけでは知ることができない生の情報が手に入ることです。

ですので、次のような順番でオープンキャンパスに参加したり進学先を決めることをオススメします!

  1. 資料請求やHPなどを見て情報を集め整理する
  2. 実際にオープンキャンパスに参加し、さらに詳しい情報を集める
  3. 複数の志望校がある場合は、それらを比較検討し決める

 

行きたい大学のオープンキャンパスに是非参加して、モチベーションを上げ、受験勉強を乗り越えましょう!

それでは、ここから具体的にオープンキャンパスに参加することにメリットについて解説します!

オープンキャンパスに参加することの4つメリット

オープンキャンパスに参加するメリットは次の4つです!

  1. キャンパスの場所や設備など大学の概要が確認できる
  2. 教授、学生、他の志望者の雰囲気がわかる
  3. 模擬授業やその他の様々な体験ができる
  4. 疑問に思ったことを直接質問できる

 

また、これらのメリットを得ることで次のようなことが可能になります。

  • その大学へ通っている数年後の自分をより具体的にイメージできる
  • 受験勉強に対する意欲やモチベーションが保てる・上がる
  • 複数の大学で進学を迷っている場合に、1校に決める判断材料が得られる

 

最近ではこれらのメリット以外にも、受験の際に必須となる『過去問題集』が配られたりすることもあるようです。

そして、オープンキャンパスに参加したこと自体が『AO入試のエントリー条件』となっている大学もありますので、入試対策としてもオープンキャンパスに参加することのメリットは大きいと言えます!

メリット① キャンパスの場所や設備など大学の概要が確認できる

オープンキャンパスに参加するということは、実際に大学に足を運ぶということです。

ですので、自宅から学校への行き方はもちろん、大学周辺の環境、構内の雰囲気などを知ることができます!

これらは、資料請求をしたり大学のHPを閲覧したり、どう頑張ってもわかることではありません・・・

 

写真や動画などで様々な情報を手に入れることができる時代ですが、やはり百聞は一見にしかずです!

気になる大学に関しては必ず大学に行ってみて、自分の目で確認し五感をフルに使って様々なことを感じて欲しいと思います♪

実際に行ってみて『あっ!ちょっと違うかも!』なんてこともあるでしょうし、逆に進学先として優先順位が低かった大学に行ってみると『おっ!ここ行きたいかも!』と評価が逆転するかもしれません!

 

何事もそうですが、実際に行ってみたりやってみたり行動してみないとわからないもの!

この星は行動の星ですから、まずは大学に行ってみて、そこから進学先を考えてみるのも良いかもしれませんね♪

メリット② 教授、学生、他の志望者の雰囲気がわかる

実際に大学に行くと、その場の雰囲気がよくわかります!

  • 大学の先生たちは熱心な人たちか?
  • 学生のみんなは楽しそうにしているか?
  • 一緒に受験する人たちはどのような人なのか?

 

これらがわかるだけでもオープンキャンパスに参加する価値ありです!

その感じ取った雰囲気で、『この大学に通いたいかも!』『ここはちょっと違うなぁ〜』などと判断すれば良いと思います。

 

教授も、学生も、一緒に受験する志望者の人たちも、もしかすると数年後にあなたと人間関係を築く人たちかもしれません!

こういった周りの雰囲気の良し悪しは、大学選びにおいても物凄く重要です。

メリット③ 模擬授業やその他の様々な体験ができる

オープンキャンパスの目玉の一つが『模擬授業』『体験コーナー』です!

こういったものが開催されていたら必ず参加するようにしてください。

 

『普段先輩の学生さんたちはこんな感じで勉強しているんだな〜』という雰囲気もわかりますし、受験勉強のモチベーションにも繋がるかもしれません!

特に保護者と一緒に行く場合は、できるだけ体験会などは親子で参加してみると良いでしょう。

お父さんやお母さんも実際に体験することで、あなたの進学を前向きに考えてくれる材料になると思います!

 

また、こういった参加型の体験会でどれだけ受験生をおもてなしするかというところに、その大学の本質が見えてきたりもします。

あなたたちを大切に案内する大学であれば、入学した後も色々な相談に乗ってくれる親切な学校かもしれません!

逆に参加者に対して『やってあげている感』が出ているようなところに進学するのはあまりオススメしません。

 

管理栄養士という職業は直接人と接する機会がとても多いです。

そういった人間性を磨くことも、将来より良い仕事をすることに繋がりますので、人間力が高そうな先生方や先輩方が多くいるような大学を目指すと良いでしょう!

メリット④ 疑問に思ったことを直接質問できる

やはりオープンキャンパスの最大のメリットがこの『質問できる』ということではないでしょうか。

  • 受験勉強の仕方
  • 学費
  • 大学の特色
  • 学生生活

 

このように、あなたや保護者の方が抱いている疑問を直接投げかけることができます。

そして、現場のリアルな声(生の情報)を聞くこともできます!

 

その大学に入るための勉強方法を知りたければ、学生に聞くのが一番早いです。

学費のことを聞きたければ、専門のスタッフに声をかければ丁寧に教えてくれます。

大学で取得できる管理栄養士以外の資格やその取り方、海外研修、その他イベントなど、パンフレットには載っていないことも直接聞くことで具体的に聞けるかもしれません。

先輩たちはどんなところに住んで、アルバイトはどのくらいしているのか? こんな日常に関する疑問だって解決できちゃいます。

 

ここで大切なのは、事前に質問することを決めておくことです!

そのためには資料請求をしたり大学HPをみるなど、あらかじめ情報を集めて整理しておく必要があります。

そうすることで、的確かつ短時間で中身の濃い話ができると思いますよ♪

せっかく時間とお金をかけて参加するわけですから、事前準備をしっかりと行ってから参加するようにしましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
あじ
こんにちは、サルーです。 当ブログは『20代(管理)栄養士の人生に、より良い未来や選択肢を!』というテーマで、少しでも読者の皆さんの明日が明るくなるよう、(管理)栄養士に役立つ情報をまとめています♪ 普段はスポーツ栄養士として活動していて、最近の楽しみは娘と遊ぶことです。どうぞよろしくお願いします!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 管理栄養士のいろは , 2020 All Rights Reserved.